• as dms

「虫歯ではないのに歯が沁みる?」

こんにちは♪

港区御成門歯医者の

愛宕歯科クリニックです。


2月も折り返し地点となりました。

寒い季節もあと少しですね。


---



検診で「虫歯はありません」と言われたのに


冷たいものや歯ブラシの毛先が触れると

『沁みる!』『痛い!』


となったことはありませんか?


虫歯ではないのにもかかわらず痛みや沁みることがある場合は

【 知覚過敏 】の可能性があります。


< 知覚過敏とは? >


知覚過敏とは、歯の内部にある象牙質が

刺激を受けた際に起きるものです。





<どうして知覚過敏が起きるの?>


まず、象牙質は管のようになっているため、

刺激が神経に伝わりやすくなっています。


普段は象牙質はエナメル質で覆われているので、

痛みを感じることはありません。


ただ、エナメル質が溶けて薄くなっていたり、

大きく削られてしまっていると刺激が神経に伝わりやすくなってしまいます。


< 知覚過敏の原因 >


① 歯ぎしり・食いしばりをしてしまう


② 歯茎下がり(歯みがきの力が強い)


③ 歯が破折(折れてしまった・かけてしまった)し、

そのままにしている


④ 酢や炭酸飲料、柑橘類をだらだらと

飲んだり食べたりしてしまう人


⑤ 研磨剤入りの歯磨き粉をよく使う人







< どんな時に症状がおこる? >


主に下記のようなときにおこります。


① 冷たいもの・熱いもの・甘い物を食べたときに沁みる(痛みがある)


② 空気を吸い込んだ時に沁みる(痛みがある)


③ 口を開けていて風が強く当たったときに沁みる(痛みがある)


④ 歯石を取った後に沁みる(痛みがある)


※虫歯になり始めた際も同じような症状がおこることもあります。






もし当てはまるようであれば放置せず、

早めにご予約ください。(*^。^*)


当院は港区新橋

御成門駅A4出口より徒歩1分のところにございますので、

お仕事の合間や通勤の際にお立ち寄りいただけます✨


お困りごとがございましたらお電話にてご予約の上、

お越しくださいませ🦷🌸


急患随時対応しております。




閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示